影響あり Microdata API によって新たなプロパティが要素に追加されました

公開日: | カテゴリー: DOM

概要

HTML5 の Microdata DOM API が実装され、Document インターフェイスに getItems プロパティが、Element インターフェイスに itemIditemPropitemRefitemScopeitemTypeitemValueproperties プロパティがそれぞれ追加されました。

Six Apart の Movable Type がこの変更による影響を受けたことが確認されています。独自の itemId プロパティが原因で一部機能が正常に動作しなくなったため、同社が 問題を修正パッチを公開 しています。

各要素に独自データを付加したい場合は、任意のプロパティの代わりに HTMLElement.dataset プロパティを使う方が安全でしょう。Firefox には文字列型以外のデータも保存できる setUserDatagetUserData メソッドも実装されています。ただし、これらのメソッドは WeakMap に置き換えられる形で 廃止予定となっています

更新: Microdata API 対応は Firefox 49 で削除されました

参考資料