crossorigin 属性が空白の場合に crossOrigin プロパティが anonymous を返すようになりました

公開日:

カテゴリー: DOM

リリース: Firefox 35, Firefox 38 ESR

概要

HTML メディア要素の crossOrigin プロパティが、その要素の crossorigin 属性が空白の場合に "anonymous" を返すようになりました。この変更は、同じく空文字列を返す属性なしの場合との区別を付けるために行われたものです。

参考資料