リグレッション CSP が有効になっているページから <base> が削除されたときに document.baseURI が更新されません

公開日: | カテゴリー: DOM

概要

<base> 要素を使うと Node.baseURI プロパティの値を変更することができます。この要素が削除されると、baseURI は自動的に規定値である document.location に戻るはずですが、Firefox 35 では、ドキュメントの CSP (Content Security Policy) が有効になっている場合、復元が行われません。この問題は Firefox 35.0.1 で修正されました。

参考資料