リグレッション サーバーの誤設定によりファイルが部分的にダウンロードされる場合があります

公開日: | カテゴリー: ネットワーキング

概要

Firefox 33 で導入された HTTP 1.1 以降のための適切なフレーミング検査により、誤った設定が行われているウェブサーバーから、JavaScript、CSS、CSV、PDF、その他の種類のファイルが一部のみしか転送されないことが判明しています。最初のケースは、Content-Encoding: gzip ヘッダーが設定されている一方、Content-Length ヘッダーに間違ったサイズが書かれているというものです。Apache サーバーでは、適切な解決策ではないものの、mod_deflate モジュールを無効化することで問題を素早く回避できます。別のケースは、チャンク転送エンコーディングのレスポンスにおいて終端のゼロチャンクが欠落しているというものです。これらの相互運用性問題は Firefox 33.1 で修正され、フレーミング検査は SPDY と HTTP/2 以降のみに強制されるようになります。

参考資料