影響あり HTTP 接続にレスポンスタイムアウトが設定されました

公開日: | カテゴリー: ネットワーキング

概要

Firefox は、XMLHttpRequest と SPDY セッションを除いて、レスポンスに時間が掛かりすぎる場合に HTTP 接続を中止するタイムアウトを有効化しました。初期値は 300 秒、つまり 5 分となっています。あなたのアプリケーションで巨大なデータを処理していて、この変更による影響を受ける場合、about:config を通じて network.http.response.timeout 設定値をより大きな数字に変更できます。

参考資料