影響あり Windows 64 ビット版 Firefox が正式公開、対応プラグインは Flash、Silverlight のみとなります

公開日:

カテゴリー: プラグイン

リリース: Firefox 43, Firefox 45 ESR

概要

Windows 向け Firefox 64 ビット版はしばらく前から Developer EditionBeta でテスト用に公開されてきましたが、Firefox 42 以降、64 ビット版は Release (安定版) チャンネルを通じて一般に公開されます。つまり、より多くのユーザーが 64 ビット版を使い始めるということで、あなたのサイトで提供しているコンテンツが 32 ビット版 NPAPI プラグイン を必要とする場合、それらの Firefox ユーザーは使用できないことになります。今のところ Adobe Flash Player が 64 ビット版で唯一の対応プラグインとなっています。コンテンツ提供者には、プラグインへの依存をやめ、最新ウェブ技術 を採用するよう強く推奨します。

更新: Mozilla が「パートナー関連のいくつかの変更を待っている」ため、Windows 64 ビット版の一般公開は延期されました。現時点でのスケジュールは不明です。

更新: Mozilla は Firefox 43 での 64 ビット版公開を決定しました。Silverlight 対応も有効化されています。

更新: 64 ビット版には、Flash コンテンツからファイルピッカーを開けないという バグ があります。Mozilla は Adobe と協力して問題の解決に取り組んでいます。

参考資料