リグレッション スタイルの動的更新時に CSS カスケーディングがうまくいかない場合があります

公開日: | カテゴリー: CSS

概要

Firefox 41 で強化されたスタイルキャッシュ機構が原因で、CSS カスケーディング効果にバグが発生しました。これは、スタイルが特定の方法でスクリプトによって変更された場合に、プロパティ値が誤って計算されるという問題です。今のところ報告が 1 件しかないことから、この問題が発生する状況は非常に限られているようです。Mozilla 開発者が解決策に取り組んでいます。

更新: このバグは、フォントプロパティに関してのみ再現するようでしたが、Firefox 44 で修正されました。

参考資料