影響あり MouseEvent.offsetX/Y が実装されましたが、Google Maps API の誤動作が確認されています

公開日: | カテゴリー: DOM

概要

MSIE 由来の MouseEvent.offsetXMouseEvent.offsetY 両プロパティが CSSOM View 仕様で標準化され、ついに Firefox にも実装されました。この変更により、Google Maps API の Drawing Layer におけるバグ が露呈しており、おそらく不適切なユーザーエージェント判別が原因で、結果的に誤ったマウス座標が返されるという問題が発生しています。Google が修正に取り組んでいます。

更新: Google はまだ修正を行っていませんが、バグの コメント によれば、Maps API のスクリプト URL に v=3 を付加することで問題を回避できるそうです。

更新: Maps API の問題は Google によって修正されました。

更新: これらのプロパティは、Google Maps でのズームに関する 別の問題 のため、モバイル環境、つまり Android 版 Firefox と Firefox OS の双方で無効となっていましたが、Firefox 43 で有効化されました。もし何か他の問題を見つけた場合はぜひ お知らせください

参考資料