取り消し Worker 内の performance.now() がその Worker の作成時刻を基準とするようになりました

公開日: | カテゴリー: DOM

概要

Firefox 45 以降、Worker 内の performance.now メソッドは、最新の High Resolution Time 仕様に従い、親ウィンドウや親 Worker から継承された ナビゲーション開始時刻 ではなく、その Worker の作成時刻からの DOMHighResTimeStamp を返します。従来のようにメインウィンドウコンテキストに基づくタイムスタンプを得るには、新しい Performance.translateTime メソッドを使ってください。

更新: 仕様がまだ不安定らしいことから、この変更は Firefox 45 Beta サイクル中に 取り消されました

参考資料