Battery Status API が削除されました

公開日:

カテゴリー: DOM, プライバシー & セキュリティ

リリース: Firefox 52, Firefox 52 ESR

概要

リモートの追跡者によってユーザーのフィンガープリンティングに使用される可能性があるといったプライバシー上の理由から、Firefox 52 以降 Battery Status API がウェブコンテンツから使用できなくなりました。この API の正当な使用例が存在していたかどうかは不明です。

更新: Firefox 52 で navigator.getBattery メソッドは削除されましたが BatteryManager インターフェイスは削除されていなかったことが判明しました。後者は Firefox 72 で削除されました。

これをテストするには?

この変更は当プロジェクト提供の Firefox 開発者ツール拡張機能 に含まれている互換性チェッカーでテスト可能です。今すぐインストールしましょう!

参考資料