影響あり リモート JAR 対応が再度無効化されました

公開日: | カテゴリー: ネットワーキング, プライバシー & セキュリティ

概要

セキュリティ上の理由から、初期設定で Java アーカイブ (JAR) をリモートの場所から読み込むことはできなくなりました。この変更は元々 Firefox 45 で行われましたが、IBM iNotes に影響があったためすぐに取り消されていました。当該製品は 2016 年 5 月に更新され Firefox 向けに JAR を使わないようになったことから、Firefox 55 で再度無効化が試みられることとなりました。

iNotes ユーザーは Fix Pack をインストールして互換性問題を解決してください。何らかの理由でインスタンスをすぐに更新できない場合は、Firefox 52 延長サポート版 を使えば 2018 年 第 2 四半期 8 月 までリモート JAR 対応が有効となります。

JAR に対応しているブラウザーは他にありません。また今のところ他に影響を受けるアプリは報告されていません。

更新 リモート JAR 対応は Firefox 61 で完全に廃止されました.

参考資料