Flash Player を常に有効化することができなくなりました

公開日: | カテゴリー: プラグイン

概要

現在進行中の Flash プラグイン対応廃止 の一環として、Firefox 69 でページ通知ダイアログから「常に有効化する」オプションが、アドオンマネージャーから「この選択を記憶する」オプションが、それぞれ削除されました。つまり今後、ブラウザーセッション中にウェブサイト上で Flash コンテンツを表示するかどうか Firefox が毎回ユーザーに尋ねることとなり、ユーザーはこの挙動を変更できません。

Firefox Public Data Report によれば、本稿執筆時点で Firefox ユーザーの約半数しか Flash Player をインストールしておらず、その数は着実に減り続けています。2020 年には Flash 対応が Firefox やその他のブラウザーから削除されることを念頭に、まだあなたのサイトが旧式の動画プレーヤーなど何らかの Flash コンテンツに依存している場合は、できる限り早く移行計画を立てるよう強く推奨します。

参考資料