非標準の String 汎用メソッドが廃止されました

公開日: | カテゴリー: JavaScript

概要

JavaScript 1.6 で導入され、Firefox 53 以降廃止予定となっていた非標準の String 汎用メソッドが Firefox 68 で削除されました。これには以下のものが含まれます。

  • String.charAt
  • String.charCodeAt
  • String.concat
  • String.endsWith
  • String.includes
  • String.indexOf
  • String.lastIndexOf
  • String.localeCompare
  • String.match
  • String.normalize
  • String.replace
  • String.search
  • String.slice
  • String.split
  • String.startsWith
  • String.substr
  • String.substring
  • String.toLocaleLowerCase
  • String.toLocaleUpperCase
  • String.toLowerCase
  • String.toUpperCase
  • String.trim
  • String.trimLeft
  • String.trimRight

String 汎用メソッドの単純な代替としては String グローバルオブジェクトがあります。例えば、String.replace(num, search, replace)String(num).replace(search, replace) のように書き換えられます。

以下の標準静的メソッドは引き続き使用可能です。

  • String.fromCharCode
  • String.fromCodePoint
  • String.raw

非標準 Array 汎用メソッドも 近い将来削除されます

参考資料